うつのみや高明の本棚 8

「満は損を招き…」

「謙は益を受く」-常に謙虚に「相手に良かれかし」と考えているものは、幸運を勝ち取る。
これは世の通りであり、21世紀の今日も決して変わることはないはずです。しかし、最近の世相は、この謙虚さを忘れ、自分だけよければいいという利己的な風潮を強く感じています。盛和塾の稲盛塾長はこのような日本の再生は「欲張るな」「騙してはいけない」「嘘を言うな」「正直であれ」というような、基本的な教えの意味を改めて考え直し守り通すことが、復活できる道であると語られています。塾生の一人として、心の手入れを怠らず、謙虚に歩み続けねば…。



■「信頼の貯蓄
■「北風は太陽に負けない!
■「全体の中で生きる個
■「感謝にまさる能力なし
■「ゆく河の流れは絶えずして
■「食足りて礼節を知る
■「子曰く
■「満は損を招き…
■「中道を行く!
■「一隅を照らす
■「地球に生かされている!!
■「人生は心ひとつのおきどころ
■「美しい地球を子供たちに
■「1492年、コロンブス新大陸発見の見方・考え方‼
■「成田の地に、空港決定から半世紀‼
■「徳の貯蓄 -修養:新渡戸稲造著-new

Copyright© 2010 成田市議会議員 うつのみや高明 公式ホームページ All Rights Reserved.